クールビズ時に導入できるボタンの活用法

夏の暑い時期の冷房設定を高くする変わりに、身軽な格好が許されるクールビズですが、仕事をする以上、だらしない格好をしていいというわけではありません。
ただし、明確なルールがないので、具体的にどこまで許されるのか、迷うシーンもあるのではないでしょうか。
しかし、着るものを選ぶことで、暑さを凌ぎつつだらしなく見えないようにすることは可能です。
その一つがシャツです。
最近は、第2ボタンまで外しても、広がらず、シャツのVゾーンを保つシャツも販売されています。
たったこれだけの違いでも、感じる暑さはかなり変わってきます。
そもそもネクタイをするだけで体感温度が2度上がると言われているわけですから、首周りや胸元には、効率的なアイテムを取り入れるべきではないでしょうか。
その他にも、通気性の良い生地を使用したものなど、探せば結構見つけることができるのが、クールビズアイテムです。
仕事上の服装はその人の評価に直結するため、着心地と見た目の両方を満たしたアイテムを活用するのが得策と言えます。

クールビズの一番上のボタン

クールビズは、5月から10月末までの間にサラリーマンがカッターシャツにネクタイ姿の通常からネクタイを取って、一番上のボタンを外して、快適な状況で仕事を行う事が決められた事となり、そこで暑さなどからしのぐ事も出来る様です。
まずはカッターシャツにしてもボタンを開ける事により、締められているイメージも全く無くて快適に過ごす事が出来る為、身だしなみに関してはやはりイメージは悪くなりますが、クールビズと言う決まりの中で行う事では、まずはこうした涼しい格好をする事が認められている状況となります。
サラリーマンなどでは、スーツを毎日着用する事が決まりとなっている事から、こうした暑い季節となると、ノーネクタイの姿で営業を行ったりする事となると、やはり暑さなどで厳しいときでもクールビズのお陰で随分と良い状況となります。
一番上のボタンを外して涼しい状況で仕事もはかどる事となれば、会社にとっても良い取り組みと言えます。

注目サイト

最終更新日:2016/11/2